今宵もアナタと蜜の味
FC2ブログ
琵琶を弾きはじめたきっかけ
僕は女の子を縛って晒して見世物にして琵琶をひいてお金を集める
悪いの琵琶弾きです

kuepirp

きっと僕のことを嫌っている琵琶弾きもいるでしょうね(´・ω・`)
伝統のある楽器をいかがわしい事に使うなんて!って

直接非難されたことはありませんが
人伝てにそうゆうのは聞きます
非難されるほどの活躍も、大してしてないから
沢山は聞かないけどね

初めてハプバーに遊びにいった時
縛られている人を見ていたら
琵琶の音の頭に響いてきて
「あ、縛りと琵琶の音ってすごく合う」
って閃いて
それから琵琶を習い始めて

とても良い閃きだったと思うけど
人の考えることって
みんな同じことを思いつくもので
僕より先に、緊縛ショーで琵琶を弾く琵琶奏者も
当然いたし
たぶん、いろんな時代にそんな変態琵琶弾きがいたと思う


所詮は河原者
「文化を後世に残すため」
なんて偉そうなことは言いませので
僕がやりたいと思う琵琶を演奏します


ふぅ


【2019/04/06 23:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
緊張と解放
快楽とは緊張からの解放

という見方がありますよね

D2MjN2pV


オルガズムを科学的に考えると一理ありますね

182215

8504

僕が縛る時に受け手さんに目隠しをするのも
そうゆう効果を狙うためでもあります
(それだけじゃないけどね)

難しいのは緊張ばかりだと
警戒されるばかりで
縛り始めるに至らないじゃないですか(´・ω・`)
緊張させたり、和んでほしかったり

IMG_8709

IMG_8690

どこまで緊張を高めるか

どこで弛緩に誘導するか

その辺は勘どころなので
たくさん遊んで
見極めに慣れないと
ぼくもお客さんが少なくて、間が空いたりしちゃうと
忘れちゃいますよ(´・ω・`)


ふぅ
【2019/04/06 02:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
僕は自己紹介、というか
自分のアイデンティティを
琵琶奏者と緊縛師
としています

ohnawa-9292_420x280


どっちもまだ未熟だけどね(´・ω・`)

緊縛師と呼ばれる人たちは社会的には数少ない存在ですが
琵琶奏者はもっと少ない、絶滅危惧種です
1500年の歴史が、いま途絶えるところです_(:□ 」∠)_

琵琶奏者として、緊縛やSMの界隈を見ると
緊縛やSMの界隈が羨ましくさえ見えます
技術や花を持ったタレント(talent)が沢山いて
それぞれの個性が強くて
競争があって

時々twitter上とかでいろいろあるけど
そんな活気すら起こらない
(あってもだれも注目しない)琵琶の界隈からすると
やっぱり業界として元気なんだって思います

琵琶の業界をdisって言う訳ではなくて
みなさん大変努力して、いるんですが
なんと言え、絶対数の少なさは
全体の活力を弱く見せてしまうのですね(´・ω・`)
琵琶の業界には素晴らしい演奏者だって、人間国宝だって居ますが
慢性的なタレント不足が否めないのですよ。
花がないんですね、花が


なんて経験があるもんで
やっぱり数が大事だな〜って思います

みんなで仲良くする必要はないけど
排他的な考え方してると
琵琶みたいに、あっという間に絶滅危惧種になっちゃうんじゃないかしら
っておもっちゃう(´・ω・`)
【2019/04/05 03:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
琵琶の音で人を縛る
僕が密蜜で演奏している「琵琶の音で縛る」演奏法ですが
実のところは、僕も理屈はわかっていません。
オルガズムや、脳イキのスイッチを入れるのは
結局は女の子自身だと思うので
僕はただただ、心を込めて演奏するばかりだと思っています。








こうゆう事は
僕の琵琶だけでなく
他の緊縛師さんや、SMプレイヤーさんも
指を鳴らす音や、視線をスイッチにして同様のことをよくやっているので
最近では特に珍しいことではありません。
ごく一般的な手法です。

催眠術でもないし
けして怪しげなおクスリを使ってる訳ではないですよ(^^;)
自然で生理的な現象です
誤解しないでね

琵琶の絃(琵琶と箏の弦は「絃」の字をつかいます)は
絹糸から作ります。
お蚕さんが紡いでくれる命の込もった糸です

高音を鳴らす、一番細い絃でも
600匹以上のお蚕さんを
生きたまま煮て
糸を取り出します。
ですから、琵琶奏者は絃をとても大切に使います。

そんな大切な想いが込もった絃から発する音ですから
人の心を惑わすことも
存外不思議なことでも無いのかもしれません。

まぁ、ワカンないけどね(´・ω・`)

ふぅ


【2019/04/03 04:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
万葉集の頃も(*/∇\*)
桜が咲いとか、月が綺麗だとか
人が美しいものを感動する場面に出会った時
写真を撮って誰かに知らせたくなる気持ちは
普遍的なもので

だから千年まえの人たちはスマホがなかったから
和歌を詠んで、どうせなら上手く伝えたいと
言葉使いや、構図に凝った

っていう、たらればさんのついったを見て
(´-`).。oO(あーそうなんだなー人の感性は変わらないんだな〜)
って思って

それならたぶん、逆も然りで
僕が琵琶の音で女の子を縛ってみよう、と思ったのと同じように
きっと万葉集の頃の人たちも
琵琶をひいて女の子を気持ちよくさせていたんだろうな〜
って思います(・∀・)

光源氏と女の子

ほらほか、この絵の女の子も
髪の毛乱しちゃって、恍惚となってるし

琵琶弾きは、万葉の頃からずっとイヤラシイことしてたんだ
ぼくも胸を張って琵琶をひこう





注釈:絵は「源氏物語」です。光源氏も琵琶弾きです、悪いオトコです。
【2019/04/02 02:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ